: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2015年度

2015年1月から施行される改正特許法要旨

본문

2015.03.06.

 


2015年1月から施行される改正特許法要旨
-2014年6月11日公布、2015年1月1日施行-



  弊所のChoipat News (2014.6.16)にてお知らせした通り、2015年1月1日から施行される改正法の要旨を再度お知らせ致します。


-改正法要旨-


1. 
形式にこだわりなく出願日の認定を受けることができます。(第42条の2)

  ・ 明細書に論文や研究ノート等、完成された‘アイデア説明資料’(発明の説明)を記載して出
   願したり、請求範囲を記載せず出願しても出願日認定
  ・ ただし、認定期間(最優先日から1年2ヶ月)内に正式明細書形式(発明の説明+請求範囲)
   で補正が必要
  ・ 正式明細書(請求範囲を記載した明細書)で未補正時、審査請求及び早期出願公開申請
   不可(1年2ヶ月後、出願取下げとみなす。)

2. 外国語(英語)でも出願することができます。(第42条の3)
  ・ 特許出願時、提出する明細書を韓国語だけでなく、外国語(英語のみ)でも記載可能
  ・ ただし、認定期間(最優先日から1年2ヶ月)内に韓国語翻訳文提出が必要 
   -書類提出書(書式第13号)に韓国語翻訳文を添付し提出
  ・ 韓国語翻訳文未提出時、 審査請求、分割・変更出願、明細書または図面補正及び早期
   出願公開申請不可(1年2ヶ月後出願取下げとみなす。)
  ・ 韓国語翻訳文にて誤った翻訳内容がある場合、特許出願時に提出した外国語明細書範囲
   内で誤訳訂正可能(外国語国際特許出願も同一)
   -訂正事項に対する説明書を添付した韓国語翻訳文誤訳訂正書(書式第17号の2)提出

3. 外国語原文範囲で補正することができます。(第47条、第208条等)
  ・ 外国語特許出願(外国語国際特許出願含む)の特許出願時、提出した外国語明細書(原文)
   範囲で補正することが出来るように補正基準緩和
    区分        原文    韓国語翻訳文            補正範囲          .
現行(翻訳文注意)     Ca        カリウム      カリウム →☓ カルシウム(補正不可)

改正後(原文注意)     Ca        カリウム      カリウム →  カルシウム(補正可能)

4. 外国語国際特許出願の翻訳文提出期間を延長することができます。
   (第201条)-'15.1.1.以後の国際特許出願から適用
  ・ 出願人の申請があれば、外国語国際特許出願の韓国語翻訳文提出期間1ヶ月延長可能
  ・ ただし、韓国内書面提出期間までに必ず特許法第203条の規定による書面は提出しなけれ
   ばならない
  ・ 特許法第203条の規定による書面(書式第57号)に趣旨記載必要

5. 特許用語を国際的傾向に合わせ、統一しました。(第42条等)
  ・ 明細書を‘発明の説明’と‘請求範囲’で改編し、発明の名称、発明の詳細の説明等を
   ‘発明の説明’として定義

6. その他
  ・ 言語に関係なく、最初の出願明細書に拡大された先出願地位付与(第29条⑤~⑦)
   
(国際特許出願は国際出願時の明細書)
  ・ 国防関連出願の補償金請求権関連規定整備(第41条)
  ・ 優先権証明書類提出免除のための書面記載事項整備(第54条)
  ・ 韓国内微生物寄託機関の指定及び管理規定を設ける(第59条)
  ・ 再審査請求可能対象明確化(第67条の2)
  ・ 訂正無効審判が継続中である場合、訂正審判制限(第137条)
  ・ 
口述審理中、審判長の審判廷内の秩序維持権限明文化(第154条)

  

更新日 : 2015-03-06, 閲覧 813回  
ニュース 2015年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.